屋根診断士が、住まいの長持ちについてアドバイス/屋根工事・屋根リフォーム・外壁塗装塗り替えはおまかせください。
サービスエリア:大阪府枚方市・交野市・寝屋川市/取扱工事内容:屋根工事・雨樋工事・外壁塗り替え工事・建築板金工事
奥一の生活・お役立ち・情報

皆様の健やかな毎日にお役にたてるよう、季節にあわせた情報をピックアップしました。

2016年3月

Vol.30 春に行う衣替えの基本!

春、晴れた日に行いたい衣替え。来シーズンも活躍してくれる冬物のしまい方や、春物の収納など衣替えの基本を確認しましょう。

冬物の正しいしまい方

◎まず、手持ちの衣類をチェック 衣替え

衣替えは持っている洋服をチェックするチャンスです。サイズが合わないものや何年も着ていない服は思い切って処分しましょう。リサイクルショップやバザーに出すなど、有効な処分方法もあります。

◎汚れを落としてから保管

冬物をしまう前には必ず洗いましょう。食べこぼしなどのシミや黄ばみが残っていると虫が寄ってくる原因になります。

◎保管に湿気は大敵

衣類に湿気が残っていると虫やカビの原因になります。衣替えは、晴れた日の午前中から午後2時頃までに済ませましょう。クリーニングに出した衣類は、湿気がこもらないよう、ビニール袋から取り出すことをお忘れなく。

防虫剤の知識と春物の収納

☆防虫剤の知識

防虫剤の成分は空気より重いので、収納ケースの場合は衣類の上に置くと効果的です。衣類を詰め込みすぎると効果が半減してしまうので、収納ケースの8割程度で。
違う種類の防虫剤の併用も避けましょう。薬剤が溶けてシミや変色の原因になる場合があります。

☆使いやすい春物の収納 衣替えの注意

まずは、収納場所のお掃除。綿ホコリの中に虫の卵が産みつけられている場合もあります。
収納する際は衣類の種類に合わせて取り出しやすく、しまいやすく。コートやジャケットなどたたむとシワになるものはハンガーにかけて。ハンガーにかけると伸びるニットはたたんで収納。靴下などは、浅めのケースに入れて収納します。

>最新の『お役立ち情報』へ
心強いアフターケアー
私たちにお任せください 見積無料・電話は0120-48-1796・メールでの問合せはここをクリック